治療法を検討しよう

女性

治療法の特徴

いぼの治療は、切除法や液体窒素による治療が主流でしたが、最近ではレーザー治療や内服薬による治療を受ける方も多いです。いぼの状態やできた箇所によって適した治療法が変わってくるので、医師と相談しながら決めてください。まず切除法は、メスや専用のハサミでいぼを切除する治療法です。大きないぼや盛り上がったいぼに適していて、ウイルスも一緒に切除できるというメリットもあります。ほとんどが一度の治療で終わるというところも大きな特徴で、いぼと一緒にウイルスも取り除いてもらえます。ただし、切除法は治療の跡が残るというデメリットもあるため、顔や首の場合は目立つ可能性が高いです。治療の跡が残るのは嫌という方は、医師と相談して別の治療法を検討してみてください。もう一つ昔からある治療法で、液体窒素を使用した治療法があります。いぼに液体窒素を押し当てることで低温やけどの状態にして、細胞を壊死させます。この治療を繰り返すと、いぼの根本がだんだん表面に出てくるので、確実に取り除くことができます。しかし、液体窒素を使用した治療法は痛みが強いという特徴があるため、痛みに弱いという方は避けたほうが良いでしょう。また、この治療法は色素沈着が起こる可能性もあるということも理解しておいてください。デメリットが大きいと感じるかもしれませんが、切除法と液体窒素による治療法は保険が適用されるというメリットがあります。それによって治療費を抑えることができるので、負担も少なく済みます。
最近のいぼ治療は、レーザーを使用した治療法を希望する人も増えてきました。レーザー治療は、治療前に麻酔をしてもらえるので、ほとんど痛みを感じないという特徴があります。施術時間も短く、広い範囲にできてしまったいぼにも対応しています。傷跡が残りにくいという嬉しい特徴もあるため、顔や首などの目立つ箇所にできたいぼでも安心して治療してもらえます。治療後はかさぶたができることもありますが、およそ1週間で取れるので気になりません。そして最後に内服薬での治療ですが、痛みがないという特徴があるため、水いぼができた子どもにぴったりの治療です。ほかの治療法と組み合わせることもあり、より治療効果を高める期待が持てます。

保険が適用される治療

いぼ治療の中でも、切除法と液体窒素による治療法の場合は保険が適用されます。そのため、ほかの治療法と比べて費用を抑えることが可能です。傷跡や色素沈着が残りやすい治療法ではありますが、効果は高いので、あまり人目につかない手や足の裏などの治療にも適しています。アフターケアをきちんと行えば傷跡や色素沈着も目立たなくなるので、医師の指導を仰ぎましょう。通院が必要な治療法なので、保険が適用されると安心して治療を受けることができます。治療内容だけでなく、施術費用も確認しながら、医師と相談して治療法を決めるようにしてください。

Copyright© 2019 【再発させないことが重要】いぼを切除してしっかり治療しよう! All Rights Reserved.