カウンセリング

予防することも大切

切除法などで治療できるいぼですが、できないように予防することも大切です。そのためにもいぼができる原因を知り、きちんと対策しておきましょう。いくつかのことに注意するだけでも、立派な予防策になります。

詳しく見る

女性

治療法を検討しよう

いぼの状態やできた箇所によって、適した治療法は変わってきます。ウイルスごと取り除ける切除法や、顔のいぼも取り除けるレーザー治療、昔からある液体窒素を使用した治療法など、どの治療法にするか医師とよく相談しましょう。

詳しく見る

院内

いぼ治療の流れ

気になるいぼは早めに治療したいところですが、いぼ治療はどのように行われるのでしょうか。メスや専用器具で取り除く切除法、レーザー治療、液体窒素による治療の流れについて注目してみましょう。

詳しく見る

顔に触れる女性

治療後の注意点

切除法やレーザー治療、液体窒素によるいぼ治療を受けた後は、それぞれ正しくケアする必要があります。治療箇所は常に清潔にするように保ち、治るまでは触らず刺激しないように注意しましょう。

詳しく見る

いぼにも種類がある

鏡を見る女性

大きく4つに分けられる

いぼにはいくつかの種類があることをご存知でしょうか。その種類は「尋常性疣贅(じんじょうせいゆうぜい)」「水いぼ」「老人性いぼ」「足底疣贅(そくていゆうぜい)」の4つに分けられます。これらの種類やいぼができた箇所に合わせて、切除法やレーザーを使用した治療を受けます。まずは種類について詳しく調べてみましょう。1つ目の尋常性疣贅は、一般的ないぼのことを指します。いぼは、肘や膝など傷つきやすいところにできやすいという特徴があります。円形で出っ張りがあるものがほとんどで、硬さがあるところも特徴です。いぼというと目立つイメージがありますが、尋常性疣贅の出来始めはとても小さく、中には気づかない人もいます。だんだん大きくなり、硬さも増してきたところでようやく気づくというケースがほとんどです。2つ目の水いぼですが、こちらは子どもにできやすいというのが大きな特徴です。特にプールで感染が広がることが多く、一つではなくいくつかできてしまうということもあるので要注意です。肘や膝以外にも胸元にできることがあり、ほかのいぼと違って柔らかいという特徴もあります。水いぼが気になって潰してしまう子どももいますが、逆に水いぼがの範囲が広がってしまうこともあるため、潰さないように気をつけてください。3つ目の老人性いぼは、名前からもわかるように年配の方に多くできるというのが特徴です。年齢を重ねていくうちに、いつの間にかいぼができていたという場合は、老人性いぼの可能性が高いと言えます。足の裏以外の全身にできる可能性があるというのも特徴で、色や形状も様々です。そして最後の足底疣贅ですが、こちらは足の裏にできるいぼを指します。生活をしているとどうしても足の裏に体重をかけてしまうので、足底疣贅ができると痛みを感じやすいという特徴があります。ひどいときには歩きづらくなってしまうケースもあるため、早めの治療が必要です。

ほとんどがウイルス性

老人性いぼ以外は、ウイルス性のいぼです。そのため、ときにはいぼの範囲が広がったり、他人に移してしまったりする可能性もあるので、早めの治療が必要です。いぼにはいくつかの治療法がありますが、中でも切除法はウイルス自体も取り除ける治療法です。いぼだけでなく、原因となるウイルスも一緒に切除できるため、いぼが再発する可能性もほとんどありません。しかし、顔などのいぼを治療する場合は傷跡が気になるということもあるので、切除法以外の治療法を選択すると良いでしょう。いぼができた場所や種類に合わせて医師と治療法を相談し、早めの治療を受けて、再発しないように工夫していくことも大切です。また、治療法だけでなくいぼができる原因を調べてみてください。いぼの治療も大切ですが、その前に予防しておくことも忘れてはいけないので、原因について詳しく調べておくと対策しやすくなります。

Copyright© 2019 【再発させないことが重要】いぼを切除してしっかり治療しよう! All Rights Reserved.